ブランシエラ ヴィラ 明日香

宿泊約款

第1条 適用範囲

  1. 当館がご宿泊者様との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、本宿泊約款の定めるところによるものとし、本宿泊約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
  2. 当館が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条 宿泊契約の申込

当館に宿泊契約の申込を希望する方は、次の事項を当館にお申し出いただきます。

  • (1)おなまえ、おところ、ご年齢、お電話番号、ご宿泊者数、ご性別
  • (2)ご宿泊日とご到着予定時刻およびご出発日
  • (3)ご宿泊者様の人数、ご年齢区分「大人(中学生以上)、小人(小学生)、幼児(小学生未満)」
  • (4)その他当館が必要と認める事項

第3条 ご利用の登録

  1. ご宿泊者様には利用日当日、当館の受付において、旅館業法及び関係法令・条例に基づき次の事項をご登録いただきます。
    • (1)ご宿泊者様全員のおなまえ、おところ、ご年齢、お電話番号、ご性別、前宿泊地、行先地、ご職業
    • (2)日本国内に住所を有しない外国人のご宿泊者様は、国籍、ご本人写真、旅券番号(パスポートの画像を取得させていただきます。)
    • (3)その他当館が必要と認める事項
  2. 18歳未満(高校生を含む)のみのご宿泊は、お断りいたします。20歳以上の同伴責任者(ご家族以外の場合)がいる場合に限りご宿泊いただけます。
  3. 個人情報の取扱いについて
    • (1)法令の定めまたは宿泊契約により当館にご提供いただく個人情報(以下、「個人情報」という。)は、主サービス(宿泊サービス等)の提供、ご宿泊者様へのご連絡ならびに、ご利用状況の分析による主サービス品質向上のために取得し利用いたします。(電話、Eメール等によりご予約の確認等をさせていただく場合がございます。)
    • (2)当館は、個人情報を、法令に定めがある場合を除き、事前にご宿泊者様ご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。
    • (3)当館は、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該委託先につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。
    • (4)当館の事業運営会社:株式会社長谷工ヴィレッジライフが定める個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に基づき個人情報の取扱いを行います。

第4条 宿泊契約の成立等

  1. 宿泊契約は、当館が第2条の申込を承諾したときに成立するものとします。ただ当館が承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。
  2. 第7条の規定を適用する事態が生じたときは、宿泊申込時にクレジットカードにてお支払手続きを完了いただいた宿泊料金等より違約金・賠償金の順序で差引き、残額があれば第10条の規定による宿泊料金等の最終ご決済時に返還いたします。
  3. 当館が、インターネットサイト・電子メールおよび電話等で誤った宿泊料金を提示、案内し、当該宿泊料金に基づき宿泊契約の申し込み、承諾があった場合であっても、当該宿泊料金がその前後の期日よりも著しく低廉であった時は、当該宿泊料金が著しく低廉である理由(「限定」「特別」等)の表示がない限り、民法上の錯誤による承諾となり、当該宿泊契約は無効とし、速やかにその旨を通知いたします。

第5条 宿泊契約締結の拒否

当館は、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。

  • (1)ご宿泊の申込が、本宿泊約款によらないとき。
  • (2)客室が満室(員)の場合。
  • (3)ご宿泊ご希望の方が、ご宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
  • (4)ご宿泊ご希望の方が、次のイからハに該当すると認められるとき。
    • イ. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律、(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下、「暴力団」という。)同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下、「暴力団員」という。)暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力。
    • ロ. 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき。
    • ハ. 法人でその役員のうち暴力団員に該当する者があるもの。
  • (5)ご宿泊ご希望の方が、他のご宿泊者様に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  • (6)ご宿泊ご希望の方が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  • (7)ご宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、または合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  • (8)天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。
  • (9)末尾記載の都道府県の条例の規定違反に該当するとき。
  • (10)ご宿泊ご希望の方が、当館に対し、ご宿泊に関する特別の負担を求められたとき。
  • (11)ご宿泊ご希望の方が過去に第7条の規定適用を受けた方であるとき。
  • (12)その他、前各号に準ずる場合で、当館が宿泊契約の締結に応じない相当な理由があると認められるとき。

第6条 宿泊客の契約解除権

  1. ご宿泊者様は、当館に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
  2. ご宿泊者様はその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除することができます。但し、その場合は、別表第2に掲げるところにより、当館は違約金を申し受けます。
  3. ご宿泊者様が当館に連絡することなく宿泊日当日の午後10時までに到着されなかった場合は、その宿泊契約はご宿泊者様により解除されたものとみなすことがございます。その場合は、別表第2に掲げるところにより、当館は違約金を申し受けます。

第7条 当館の契約解除権

  1. 当館は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
    • (1)ご宿泊者様が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
    • (2)ご宿泊者様が次のイからハに該当すると認められるとき。
      • イ. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力。
      • ロ. 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき。
      • ハ. 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの。
    • (3)ご宿泊者様が他のご宿泊者様に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
    • (4)ご宿泊者様が伝染病者であると明らかに認められるとき。
    • (5)ご宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、または合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
    • (6)天災等不可抗力に起因する事由によりご宿泊いただくことができないとき。
    • (7)都道府県の条例の規定違反に該当するとき。
    • (8)当館内での喫煙・寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら等、火災予防上障害となる行為を行ったとき。
    • (9)その他当館が定める利用規約の禁止事項に従わないとき。
    • (10)当館内に以下のものを持ち込んだとき、または持ち込みをしようとしたとき。
      • イ. 拳銃・その他銃砲類
      • ロ. 刀剣類
      • ハ. 著しく悪臭を発する物品
      • 二. 著しく大量の物品
      • ホ. 発火・引火しやすいもの(花火・線香・火薬・揮発油など)
      • へ. 動物・昆虫その他これに類するもの(盲導犬については、宿泊契約の申込時に当館に事前にご相談下さい。)
    • (11)当館の備品若しくは物品を当館外に持ち出し、または当館内の別の場所に移動をしたとき。
    • (12)建物または諸設備に変更・改造・改変を行おうとしたとき。
    • (13)ご宿泊者様が当館のオペレーター等(以下、「従業員」という。)に著しく迷惑をおよぼす言動をしたとき。
    • (14)ご宿泊者様が、泥酔等により、他のご宿泊者様や従業員に著しく迷惑をおよぼすおそれがあると認められるとき。
    • (15)ご宿泊者様が、当館に対し、ご宿泊に関する特別の負担を求められたとき。
    • (16)ご宿泊者様が過去に本条の規定適用を受けた方であることが判明したとき。
  2. 当館が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、ご宿泊者様がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。(但しその場合は、別表第2に掲げるところにより、違約金を申し受けます。)

第8条 客室の使用時間

  1. ご宿泊者様が当館の客室を使用できる時間は、午後3時から翌日の午前11時までといたします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用いただくことができます。
  2. 当館は、前項の規定に定める時間外の客室の使用(宿泊時間延長等)のお取り扱いはいたしておりません。

第9条 利用規約の遵守

ご宿泊者様は、当館内においては、客室内に備え付けの利用規約に従っていただきます。

第10条 宿泊料金等のお支払い

  1. ご宿泊者様が支払うべき宿泊料金等の内訳は、別紙第1に掲げるところによります。
  2. ご宿泊者様には以下の方法で前項の宿泊料金等をお支払いいただきます。
    • イ. ご宿泊者様には宿泊契約の申込時に宿泊料金等についてクレジットカードによるお支払い手続きをお済ませいただきます。
    • ロ. チェックアウトの完了または、違約金・賠償金の発生時に宿泊料金等は確定し、当館の役務提供完了に伴うクレジットカードの最終決済手続きの完了を以って宿泊料金等のお支払い完了となります。
  3. 当館がご宿泊者様に客室を提供し、使用が可能になった後、ご宿泊者様が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金等は申し受けます。

第11条 当館の責任

  1. 当館は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又それらの不履行によりご宿泊者様に損害を与えたときは、その損害を賠償いたします。ただし、それが当館の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
  2. 当館は、万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。

第12条 契約した客室の提供が
できないときの取扱い

  1. 当館は、ご宿泊者様に契約した客室を提供できないときは、ご宿泊者様の了解を得て、できる限り同等の条件による他の宿泊施設をあっ旋するものとします。
  2. 当館は、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないときは、別表第2に掲げる違約金相当額の補償料をご宿泊者様に支払い、その補償料は損害賠償額に充当いたします。ただし、客室が提供できないことについて、当館の責めに帰すべき事由がないときは、補償料のお支払いをいたしておりません。

第13条 ご宿泊者様の貴重品等の
取扱い

ご宿泊者様の貴重品等の管理につきましては、ご宿泊者様ご自身でお願いいたします。客室内にセーフティーボックスを設置しておりますのでご利用ください。尚、ご宿泊者様の貴重品等の紛失・毀損等につきましては、当館は管理責任を負わないものとします。

第14条 ご宿泊者様の手荷物又は
携帯品の保管

  1. 当館は従業員が常駐しない宿泊施設となります。従業員による手荷物又は携帯品のお預かりはいたしかねますのでご宿泊者様ご自身で管理をお願いいたします。また、ご宿泊者様の手荷物又は携帯品等の毀損・滅失につきましては、当館は管理責任を負いかねますので予めご了承ください。
  2. ご宿泊者様がチェックアウトしたのち、ご宿泊者様の手荷物等が当館に置き忘れられていた場合において、当館は原則としてご宿泊者様からの照会の連絡を待ちその指示を求めるものとします。所有者の指示がない場合又は所有者が判明しないときは、一定期間保管し、その後最寄りの警察署に届けでるか、又は3カ月保管の後処分させていただくものといたします。ただし、飲食物・たばこ・雑誌および当館が衛生管理上の事由で保管が困難と判断した物品等は即日処分させていただきますので予めご了承ください。
  3. 当館に置き忘れられた手荷物等の郵送等によるご返却を行う場合は、その送料はご宿泊者様にご負担いただきます。尚、当該手荷物等の種類により送料に加え、別途返却手配料を申し受ける場合がございます。

第15条 駐車・駐輪の責任

  1. 当館の駐車場(3区画)は先着順でご利用いただけます。当館はご宿泊者様へ駐車場所をお貸しする形となっておりますので、ご宿泊者様の車両管理につきましては、ご宿泊者様ご自身でお願いいたします。尚、当館はその管理責任につきましては負いかねますので予めご了承ください。
  2. 当館は、客室毎に自転車置場(屋外)を設置しており、その範囲内に収容可能な台数に限りご利用いただけます。当館はご宿泊者様へ自転車置場をお貸しする形となっておりますので、ご宿泊者様の自転車管理につきましては、ご宿泊者様ご自身でお願いいたします。尚、当館はその管理責任につきましては負いかねますので予めご了承ください。

第16条 ご宿泊者様の責任

ご宿泊者様の故意又は過失により当館に損害が生じた場合、ご宿泊者様に当館の被った損害を賠償していただきます。

第17条 コンピューター・
インターネット通信の使用

当館が提供するWi-Fiサービスその他の通信手段を利用してご宿泊者様が行う当館内でのインターネット通信の利用にあたっては、ご宿泊者様ご自身の責任において行うものとします。Wi-Fiサービスその他の通信手段がシステム障害その他理由により中断し、その結果、ご宿泊者様がいかなる損害を被った場合においても、当館は一切の責任を負いません。また、ご宿泊者様のインターネット通信の利用に関して、当館が不適切と判断したご宿泊者様の行為により、当館及び第三者に損害が見込まれる場合には、当館はかかるインターネット通信の中止を求めることができ、当館に生じた損害を賠償していただきます。

第18条 移動型テレビにおけるアプリの使用

客室内設置の移動型テレビには動画視聴用アプリが内蔵されていますが、「YouTube」および「radiko」以外のご利用はお控えください。「YouTube」および「radiko」以外のアプリをご宿泊者様ご自身のID・パスワードを用いてログインしてご利用された場合に発生するリスク(ID・パスワードの消し忘れ等)および不具合(通信上の不具合等)等によりご宿泊者様がいかなる損害を被った場合においても、当館は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

第19条 客室清掃・客室内設備・衛生状態等確認に関する取決め

  1. 当館では客室清掃は原則ご宿泊者様チェックアウト後のみとしております。
  2. ただし、ご宿泊者様が同一の客室を連続使用する場合においては、原則、清掃及びアメニティの補充に午前11時予定で客室内に入らせていただきますことを予めご了承ください。尚、清掃等の時間変更はお受けいたしかねますのでご了承ください。
  3. ご宿泊者様のご意向により清掃及びアメニティの補充が不要な場合は、客室内備付けの「今は客室に入らないでください(英文:Don’t Disturb)」と記載された立札を事前に客室玄関扉前に立てかけておいてください。
  4. ご宿泊者様から清掃及びアメニティの補充不要のお申し出がある場合におきましても、法令及び県条例の指導に従い、客室存続及び衛生管理上必要とされる間隔(約3泊につき1回程度)の割合で当館が必要と認めた場合のみ、ご宿泊者様のご了承なしに清掃及びリネンの交換を実施させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  5. 当館では、客室内設備・衛生状態等確認のため客室内への入室点検を行う場合がございます。当該入室点検の際はご宿泊者様ご登録の携帯電話に事前にお電話いたしますが、応答いただけなかった場合はご宿泊者様の了承なしに客室内への入室点検を行いますので予めご了承ください。

第20条 宿泊約款の変更

  1. 本宿泊約款は、民法上の定型約款に該当し、本宿泊約款の各条項は、ご宿泊者様の一般の利益に適合する場合または変更を必要とする相当の事由があると認められる場合には、民法の規定に基づき変更します。
  2. 本宿泊約款の変更は、変更後の規定の内容を、第3条に定める当館の事業運営会社当社所定のウェブサイトに掲載し、掲載の際に定める効力発生日から適用されるものとします。なお、本宿泊約款を変更する場合には、変更内容等を記載した書面等を客室内に備え置きます。
  3. 変更後の本宿泊約款の効力発生日以降にご宿泊者様が当館をご利用したときは、ご宿泊者様は、本宿泊約款の変更に同意したものと見なします。

第21条 支配する言語及び準拠法等

本宿泊約款は日本語と英語で作成されていますが、約款の両分の間に相違があるときは、日本文がすべての点について支配するものとします。また、本宿泊約款は、日本法に準拠し、宿泊契約に関し紛争が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

別表第1 宿泊料金等の内訳 
(第3条第2項及び第10条第1項関係)

宿泊料金等 内訳
ご宿泊者様が
支払う
料金の総額
ご宿泊代金 基本宿泊料
飲食料金
その他
朝食料・夕食料
消費税等
備考

1 基本宿泊料(素泊まり・パッケージプラン等含む)は、各館予約WEBサイトに提示する料金によります。

2 小学生以上は、大人として適用されます。

3 小学生未満の未就学児は、小人として適用されます。
但し、寝具と食事が不要な未就学児(乳児等)につきましては「無償」といたします。

別表第2 違約金 
(第4条第2項、第6条第2項・第7条第2項、第12条2項)
(ご宿泊者様が支払う料金(消費税等含む)の総額×下表記載の比率)

契約解除の通知を受けた日
不泊 当日 前日 2日前〜
3日前
4日前〜
7日前
100% 100% 80% 50% 30%

※予約媒体(OTA)によって、キャンセルポリシーが設定されていた場合は、予約媒体に記載のキャンセルポリシーが優先されます。

以上

2022年1月26日制定

お問い合わせ

下記より、お気軽にお問い合わせください。
「ブランシエラ ヴィラ 明日香」
TEL. 06-6203-2565

お役立ちリンク
明日香村
旅する明日香ネット
国営飛鳥歴史公園
あすかであそぼ